So-net無料ブログ作成
検索選択

メキシコ湾の流出原油、クロマグロ産卵場直撃(読売新聞)

 【ワシントン=山田哲朗】メキシコ湾の原油流出が、大西洋クロマグロの主要な産卵場所を直撃して、クロマグロ資源に大きな打撃を与える懸念が強まっている。

 米スタンフォード大のバーバラブロック教授(海洋生物学)らは、1996年以来、1000匹以上のクロマグロに小さな追跡装置を取り付け行動範囲を記録した。その結果、大西洋のクロマグロは、毎年3〜6月ごろにメキシコ湾に戻り産卵する習性が分かっている。

 4月20日に起きた今回の事故と、時期、海域ともに重なっており、ブロック教授は米メディアに「原油流出が起きた海域は、卵や稚魚が漂っている場所の一つで、深刻な影響があるだろう」と指摘している。事故が起きたのは、マグロのほか水鳥の繁殖期にも重なり、米環境保護団体も「悪い場所で、悪いタイミングで事故が起きた」としている。

 大西洋クロマグロは今年3月のワシントン条約締約国会議で国際取引の禁止が提案されたが、日本などの反対で否決された。だが、今回の事故で実際に資源量が減少すれば、禁輸論議が再燃する可能性もある。

講談社の電子写真集を配信停止=米アップル(時事通信)
大阪府立大で2人組強盗 未明、院生を羽交い締め(産経新聞)
殺人罪の適用認めず=裁判員裁判で初―傷害致死罪適用・水戸地裁(時事通信)
「誰でもよかった」パチンコ店で男性刺し死なす(読売新聞)
「結婚控えていたので流産を」=不同意堕胎事件で医師―警視庁(時事通信)
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

ミミガー

お小遣いくれるって言うから、肉バイブやってきた!!
http://buta-infr.net/art/8ouog0h
by ミミガー (2010-06-05 21:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。